Top >  インプラントとは >  インプラントと従来法との違い

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

インプラントと従来法との違い

最近、よく聞くインプラント。見た目も綺麗で歯を形に近づけることのできる新しい治療法として、現在、多くの歯科で勧められている治療法です。場合、従来法では両隣の歯を削り、固定する、ブリッジ法がとられています。歯を傷つけることはありません。場合、従来法では、歯に針金を入れ歯を固定する方法です。針金をかけた歯にも負担がかかることになります。インプラントですと、歯のない部分にインプラントを入れて、固定式の人口歯をとりつけるため、周囲の歯を傷つける心配はありません。従来法では、歯肉との吸着力で入れ歯を支えています。インプラントですと、インプラントを入れて維持装置を取り付け、これで入れ歯を固定します。ガタつきの心配もありません。





スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラントのメリット  |  トップページ  |  次の記事 インプラントの耐久性  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4668

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インプラント治療ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。