Top >  インプラントとは >  インプラントのデメリット

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

インプラントのデメリット

インプラントとは、欠損や部位に埋め込むために人工的に作製した器官・組織の代替物、それを埋め込むことを言います。人工関節・義歯・腱・血管などをさします。デンタルインプラントは虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合に、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを指します。取り外しの入れ歯や、両隣の歯を削って失った部分の歯をつくる方法(ブリッジ)に比べて、利点が多い為、現在では人に利用されています。欠点についてお話したいと思います。入念なカウンセリングが必要になります。入れ歯ならブリッジなら早くて10日程でできるところを、インプラントですと、早くて長い場合は3ヶ月程かかります。顎の骨や歯肉を削ることになるので、出血や腫れ、さらには細菌の感染による合併症が起こってしまう可能性も出てきます。





スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラントの種類  |  トップページ  |  次の記事 インプラント手術のトラブル  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4671

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インプラント治療ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。