Top >  インプラントとは >  大昔のインプラント

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

大昔のインプラント

インプラントという人工歯根に人工歯を頑丈に固定し、歯により近づけることのできるインプラント。このインプラントという耳にするようになりましたが、インプラントの歴史は古代にまでさかのぼるのです。古いとされるインプラントは、紀元前550年頃にトルコで発見された石製のインプラントです。このインプラントは可能性が高いといわれています。古代マヤ文明に、下顎骨に抜去歯2本と真珠貝でできたインプラントが埋入されているものが発掘されています。歯石がついている事から、長期にわたって機能した事を示しており、これが現在発見されている中で、実用に耐えた最古のインプラントだと考えられています。この他にも、インカ文明やアステカ文明でも古代インプラントが遺跡として発見されています。





スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラントの歴史  |  トップページ  |  次の記事 テンポラリーインプラント  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4661

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インプラント治療ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。