Top >  インプラントとは >  インプラントの歴史

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

インプラントの歴史

歯を何らかの理由で失ってしまった時、人工歯根を埋め込み修復する新しい治療法インプラント。治療法ですがインプラントの始まりというのはどんなものだったのでしょうか。始まりは1952年にさかのぼります。この幸運とも言える偶然の出来事が、チタン製インプラントの始まりであると言えます。ブローネマルク博士はその後13年間、さまざまな基礎実験や動物実験を歯科治療への応用法を探っていきました。1965年、人工歯根としての臨床応用をスタートし、現在のインプラントの基盤となったわけです。最初にインプラント治療を受けた30代の男性のインプラントは、35年以上経った今も問題も機能していると言われています。1998年、ブローネマルク教授はチタン製インプラントの実績によって、スウェーデン政府からグランドプライズ賞を授与されました。





スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラントは必要?  |  トップページ  |  次の記事 大昔のインプラント  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4663

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インプラント治療ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。