Top >  インプラント治療 >  インプラント手術のトラブル

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

インプラント手術のトラブル

より身近に感じられるようになったインプラント治療ですが、インプラント手術は決して簡単な手術ではありません。手術後に多いトラブルに、痛み、腫れ、出血などがあります。この場合、薬で症状を落ち着かせ経過観察するか、ひどい時はインプラントを除去しなければなりません。手術後には通常起こります。人は腫れが長引くことがありますが、腫れは傷をなおすための組織液が出ていることが原因ですから心配することはありません。手術後には起こるわけですが、心配いりません。極端な腫れが出てきた場合、中の血管が傷ついている可能性があります。インプラントが下歯槽神経に近いために生じてしまう事がのです。他にはインプラントのサイズ(長さ)の選択ミス、2次オペの時期が早いなどの理由により長期保存が難しく、1~3年でインプラントがだめになってしまう場合があります。





スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラントのデメリット  |  トップページ  |  次の記事 インプラントのサイナスリフト法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4672

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インプラント治療ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。