Top >  インプラント治療 >  インプラントのサイナスリフト法

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

インプラントのサイナスリフト法

サイナスリフト法というものがあります。厚みや高さが不足しているとインプラントを埋入するのが困難な為、以前では短いインプラントを入れるか、治療を断念しなくてはなりませんでした。インプラントを埋入した場合、将来的に不安を抱えることになってしまいます。インプラントを埋入することができます。上あご洞(上あご骨の上に存在する空洞)に骨補填材を注入し、上あごの底の部分を押し上げてインプラントを埋入可能にするスペースを作るのです。即時にインプラントを埋入する場合もありますが、ほとんどの場合、手術を行ってから骨が熟成し硬くなるまでに、およそ6ヶ月は待たなければなりません。インプラント埋入するため、9ヶ月かかります。





スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラント手術のトラブル  |  トップページ  |  次の記事 インプラントと妊娠中の治療  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4673

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インプラント治療ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。