Top >  インプラント治療 >  インプラント手術、1回法と2回法

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

インプラント手術、1回法と2回法

インプラントですが、インプラント手術に1回法と2回法がことをご存知でしょうか。仕上がりが手術が1回で済む1回法の方が患者さんにとっては負担が少なくて良いですよね。ほとんどが2回法です。1回法はインプラントを骨に挿入した後、口内に露出させます。2回法は、インプラントと骨がくっつくのを待ってから(通常、下顎で3~4ヶ月、上顎で6ヶ月程度、骨内での治癒期間が必要です。)再度歯茎を切開して、ネジ止めにて、歯を装着します。手術期間も長くなってしまいますが数ヶ月間粘膜下にインプラントをおいて置く事により、インプラントと骨がより強固に結合し、感染するリスクも少なくなるのです。1回で手術を済ませたい方は医師とよく相談して、1回法のリスクを考えた上で手術を行った方が良いでしょう。





スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラントの無痛治療  |  トップページ  |  次の記事 インプラントのフラップレス術  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4678

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インプラント治療ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。