Top >  インプラント治療 >  インプラント手術による出血

スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

インプラント手術による出血

歯が抜けてしまった後に骨の中に歯根を埋め込むことによって、以前ように使うことができる、新しい療法であるインプラント。見た目も綺麗で、メリットも多い治療法ですが、手術を受けるということで構えてしまう人も多いのではないでしょうか。出血は伴います。どのくらい出血するのか、手術後はどのような状態になるのか、気になるところですよね。心配することはありません。感じは抜歯の時と同じです。腫れや青アザ(内出血斑)が、人によっては出る場合があります。口の中に血がにじんでいる状態というのは、やはり気持ちが悪いものです。人によっては口の中に血のない状態を作しまいます。ですが、中には血の止まらない病気もあるので、心配なら先生に相談しても良いです。少々の出血は気持ちでいることが、出血に対するアドバイスと言えます。





スポンサーサイト

笑顔美人は口元から!
審美歯科・矯正歯科における専門スタッフ(歯科医師・歯科衛生士)が対応する歯科医院です

 <  前の記事 インプラント手術前の準備2  |  トップページ  |  次の記事 インプラントの手術後  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4683

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「インプラント治療ってたいへん(^^;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。